【社会】日本で「うつ病の子供」が急増…愛情不足が原因だった 現代人の「生きづらさ」には愛着の問題が関わっている ★4

1 :樽悶 ★:2019/10/02(水) 17:27:19.30 ID:Qhxgh+AV9.net
さまざまな原因から「生きづらさ」を感じる人が増えている。摂食障害、ADHD(注意欠陥・多動性障害)、依存症、原因不明の身体の痛み……。精神科医の岡田尊司氏は、「そうした症状の背景には、幼少期に家庭できちんとした愛情を受けられなかったことが影響している恐れがある」という――。

■家庭のいざこざがうつのきっかけに

本来、うつ病は中高年の病であった。そして、子どもには非常に稀(まれ)なものとされていた。子どものうつに関する論文を調べても、戦前にはほとんど見当たらず、アメリカの専門医学雑誌に、ようやく一本だけ見つけ出せたが、そこに報告されていた八歳の少女のケースには、どこか現代に通じるようなシチュエーションが認められる。少女は一人っ子で、両親から、とりわけ父親から可愛(かわい)がられて育った。過保護といってもいい環境だったといえる。経済的にも裕福で、何不自由なく暮らしていた。ところが、大恐慌の影響で、父親の収入が大きく減ってしまう。しかし、贅沢(ぜいたく)に慣れた母親は出費を減らすことができず、父親はそのことを不満に思っていた。そんな悩みを相談しているうちに、父親は別の女性と懇ろになり、一線を越えた関係になってしまう。 そのことを知った母親は、非常にショックを受け、両親の間では修羅場が繰り広げられることになった。少女は、母親を裏切った父親と、半狂乱になった母親が争う場面を目にすることになったのだ。

 少女は、ふさぎ込み、学校にも行かなくなってしまう。学校に行ったときには、教師がいれば、教室に入ることもできたが、教師の姿がなくなると、教室にいられなかった。その症状には、父親が家からいなくなってしまうのではないかという不安が影響していたと考えられた。

■1990年代から増え始めた子どもの躁うつ病

※省略

■子どものうつ病はある時期爆発的に増えた

※省略

■「ADHD」の定義があいまいになってきた

※省略

■多動や衝動性、不注意があってもADHDとは限らない

※省略

■1950〜60年代に突如目立ち始めた「小児期の多動」

※省略

■戦後増え始めた子どもの症状は愛情不足が原因だった

※省略

 境界性パーソナリティ障害や摂食障害、気分障害、依存症、解離性障害などについては、以前から、不安定な愛着の関与が指摘されてきた。

 それに対して、ADHDは、遺伝要因の強い神経発達障害とされ、養育要因などまったく関係がないと、専門家たちも言い続けてきた。

 ところが、遺伝子について調べ尽くされるにつれて、遺伝子の関与だけでは、とうてい説明がつかないということがはっきりし、近年では、遺伝要因と環境要因との相互作用による部分がかなり大きいと考えられるようになっている。中でも、養育環境の影響を受けることがわかってきたのだ。

■現代人の「生きづらさ」には愛着の問題が関わっている

 たとえば、施設に保護された子どもでは、ADHDと診断される子どもの割合が、通常の何倍にもなる。虐待を受けた子どもでは、ADHDの発症リスクが大幅に高まるのだ。

 この事実に対しては、ADHDだから虐待を受けやすいのだとか、親もADHDの傾向を持っているので、虐待が生じやすいのだと説明され、虐待によってADHDになるわけではないと、専門家たちも言い続けてきた。

 だが、実際は違っていた。虐待は、脳の構造自体に異変を起こし、不注意や多動を含むさまざまな行動や精神の症状を生じ得るということが明白になっている。さらに、幼い頃に養子になることで養育者が交代しただけで、ADHDのリスクが数倍に高まるということもわかってきた。

 ことに、虐待のケースにみられやすい「無秩序型」と呼ばれる非常に不安定な愛着を示す場合、その後、ADHD症状がみられるリスクを大幅に高めていた。しかも、親との愛着の安定性は、その子の神経機能障害の指標である認知機能よりも、ADHD症状を左右したのである。

 それ以外にも、不安定な愛着がリスクファクターとなるものとして、依存症(薬物、ギャンブル、セックス、インターネットなど)、希死念慮、解離性障害、原因不明の身体疾患、慢性疼痛、虐待、DV、いじめ、離婚、非婚、セックスレスなどが挙げられる。

 いずれも、今日の社会において問題となっていることばかりだ。

 このように、現代人の生きづらさと苦悩の根底に、愛着の問題が関わっているということが明らかとなってきているのである。

9/29(日) 11:15配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190929-00030108-president-soci

★1:2019/10/01(火) 18:57:47.79
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1569963450/

2 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 17:29:10.52 ID:+u9VDY4a0

はんぶん安倍が悪い

3 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 17:30:30.15 ID:iP/P5I5f0

増えたんじゃなく、生き残りが容易になって結果的に目立つようになっただけでは
大昔はうつ病の子供は狂ってるとかの理由で殴り殺されてて、存在の記録が今に残らなかっただけでしょ

4 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 17:31:44.54 ID:sgD+RVha0

怠けと甘えだろ
昔はうつ病なんてほぼいなかったんだからさ

5 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 17:32:12.29 ID:YwbIat9V0

ネトウヨの皆さんは人間愛が難いと見えるw

6 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 17:32:23.15 ID:YDMzX6XB0

精神科医は、うつ病と診断できるが治療は出来ないのでうつ病患者は増え続ける
そんだけのお話し

7 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 17:32:32.47 ID:+zZx5Mje0

親が鬱なんじゃないの、鬱に子育ては無理

8 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 17:33:36.81 ID:RZfJHS9l0

何でもかんでも鬱診断
心療内科とか精神科医とかわけのわからん業種が増えたから
その飯の種も増えただけ

9 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 17:35:22.00 ID:UfUURk4E0

親の嫌なところが明確な人はパヨク化する
平和と民主化

10 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 17:36:27.98 ID:LFohnKIJ0

鬱って診断だして薬出したら半永久的に金が入るんだからそりゃ増えるだろ

医者の主観で病名決まるんだし

11 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 17:36:33.83 ID:rjvXLsDJ0

>>1
.
> 子供の鬱は、そのストレスを「うつ」という形で表現する事は稀で、
.
> 行動上の問題(例えば万引きといった行動)で表す事の方が多い。

 > 子どものうつ病はある時期爆発的に増えた。
.
 > そして、異常ともいえる増加が起きたのは、
.
 > 1990年代後半以降のことである。

 > 1994年から1995年までと、2002年と2003年までの間に、
.
 > 外来で診療を受けた患者数を比べると、
.
 > 10代までの双極性障害は、約40倍にも増えていたのである。

.
コレ、“男女共同参画”の推進による「育児の社会化」の相関関係、
.
(保育所政策の推進)を反日左翼メディアは意図的に避けているな。

.
“フェミニスト”は「母親は子供を育てる事に向いていない」から、
また「生きる力を与えることができない」から、
「保育園に預けるのが一番よい」と勧めている。
.
母親が自分で育てない方が「子供のため」だという、
なんとも“無茶苦茶”な理論である。
.
その代わりに保育園を百%美化するとは、常軌を逸している。
.
子供の健全な心の発達にとって、いかに「母親の愛情」が“必要”か、
・・・という無数にある研究を全く無視している。

「乳幼児期」に“確立”される「母子一体感」は、
「心の安定感」と「人間一般に対する信頼感」の成立にとって、
その後の人間関係の作り方にとって、決定的な影響を与える。
.
この点に関する研究は無数に発表されている。
.
そういう「科学的な研究」を“無視”した、
フェミニストのような乱暴な考えを持つ人物が、
子育ての通信講座を開き、母親達にアドバイスをするとは、
危険極まりないと言うべきである。
.
こういう愚かな育児論を発表して憚らないのも、
「母性本能否定論」という“間違った理論”に毒されているからである。
.
【元東京女子大学 文理学部 教授 日本ユング研究会会長 林 道義】
  http://www007.upp.so-net.ne.jp/rindou/feminism4.html

.

12 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 17:36:43.39 ID:BHIt0Et40

鬱は愛情不足というよりは
過度のストレスだろ
成績でストレス
習いごとでストレスみたいな

13 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 17:36:50.18 ID:Gd95z1JM0

>>7
友達もその母親も鬱だけど
普通に子育てしてる
ゴミ屋敷とクレーマーにはなってるけど
活動力も子育て出来ないくらいまで下がることは少ないよ
新型とか、出産のストレスによる鬱状態なら
人格障害由来の鬱も、自責の念はないから
仕事にいけるし

14 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 17:37:24.68 ID:JeMMYLy20

ケムトレイルが原因

15 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 17:37:45.27 ID:BlVCRRcX0

もう全員鬱でいいよ ちょっとでも凹むことあったら鬱なんだろう

16 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 17:37:45.66 ID:8D2qPkKo0

台風の頻度が多いし、気圧の影響じゃねーの?

23 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 17:41:45.61 ID:EIQ9MUjD0

これはフェミの責任なんだよな

18 :全女性の労働参加『子育ての社会化』を進めたソ連が齎した“大惨事”:2019/10/02(水) 17:37:52.90 ID:rjvXLsDJ0

>>11
1917年ロシア共産革命によって政権を掌握した共産党・革命政府の施策は多くの抵抗に遭遇。
ソ連政府はその原因を“家族”にあると考え、革命を成功させる為、「家族の絆」を弱めさせた。
.
『全女性の労働参加』と供に『家事・育児』が“社会化”され、食事は共同食堂、育児は保育所となった。
我々が日常と感じる「母親が子供の世話をする」光景が、ソ連の国中から消え失せてしまったのである。
そして、「母子の愛情による繋がり」が、1930年頃には革命前より著しく弱まり、愛情不足の子が増えた。
.
.
  しかも、1934年頃になると、彼らが予想もしなかった有害現象が同時に進行していた。
  保育所政策が「社会の安定と国家の防衛を脅かすもの」と認識され始めた。すなわち・・・
.
  ❶「家族」や「親子関係」が“弱まった”結果、「少年非行」が“急増”した。
    新聞はその報道で埋まり、彼らは住居に侵入し、掠奪・破壊し、抵抗者は殺戮した。
    汽車のなかで猥褻な歌を歌い続け、終わるまで乗客を降ろさなかった。
    学校は授業をさぼった生徒たちに包囲され、先生は殴られ、女性たちは襲われた。
.
  ❷「性の自由化」と「女性の解放」という壮大なスローガンは、強者と乱暴者を助け、
    弱者と内気な者を痛めつける事になった。何百万の少女達の生活がドンファンに、
    破壊され、何百万の子供たちが両親の揃った家庭を知らないことになった。
.   
  ❸堕胎と離婚の濫用(1934年の離婚率は37%)の結果、『出生率』が“急減”した。
   それは共産主義国家にとって労働力と兵力の確保を脅かすものとなった。
.
.
こうして、1934年には国家はこの様な“混乱”の対策に精力を消耗する事に耐えられなくなった。
それは戦争に直面している国の「国力を破壊するもの」であった。これを是正するためには、
“社会の柱”(pillar of society)である『家族』を“再強化”する以外に方法はなかった。
.
   ※ニコラス・S・ティマシエフ(Timasheff) 論文『ロシアにおける家族廃止の試み』
   (N.W.Bell”A Modern Instrucion to the Family”1960 N.Y.Free Prees所収)による。
.
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
.
 最近、米国立衛生研究所が研究費用を拠出し、米10都市の乳幼児1,364人の育っていく過程を、
 10年間に亘って追跡調査した結果がある(この様な調査は、公的な保育調査としては最大規模)。
.
それによると、生後3ケ月〜4歳半の時期に、保育園等に週30時間以上預けられた子供の17%は、
幼稚園でほかの子どもに“乱暴”に振る舞ったり、先生に“反抗”したりする傾向が強かった。
週10時間以下の子どもが、幼稚園で問題行動に走るケースは6パーセント以下だった。
.
対象となった子どもの託児時間は平均で週26時間。預ける先が“保育園”でも“託児所”でも、
「自宅ベビーシッター」に見て貰った場合でも結果は同じ。子供の性別・家系も結論に影響しなかった。
.
.
     この結果は、「子どもが乳幼児期」に“安易”に「夫婦が共働き」をして、
     「子どもを他人に預ける」というアメリカ=スウェーデン方式がいかに“危険”かを示している。
.
  アメリカでもスウェーデンでも『犯罪』がつねに“高レベル”だということと、
  子どもの発達の過程で“攻撃性”を増していることとは、決して「無関係ではない」であろう。
.
    乳幼児期には「母親の優しさと温かさ」が“必要”であり、それを十分に受けてこそ、
.
    その後の人格形成がうまくいく。  母子の愛情による繋がりが不十分だった人間は、
.
    “情緒不安定”で、“攻撃的”になって、のちに“いじめっ子”になりやすい。
.
    【元東京女子大学 文理学部 教授 日本ユング研究会 会長  林 道義】 (EZP807)
.

19 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 17:39:31.03 ID:Gd95z1JM0

>>18
ユング派はあてにならない

母親に限定するべきではない
他の大人も関与してるし

20 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 17:39:47.51 ID:LWgHhyhl0

親がスマホ馬鹿だからね

21 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 17:40:37.10 ID:epj3yVKT0

クズ親が早く死ぬことを願ってます

22 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 17:41:21.28 ID:YkV9j64/0

今の親は甘いから外部からの悪意に傷付きやすいんだよ
あえて突き放したり怒ったり理不尽な目にあわせるのも親の仕事なのにホイホイ優しくするだけで厳しさを与えないから
何をもって以て愛情なのか分からないんだろうな

17 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 17:37:50.32 ID:ctWNjMm30

放射能の陰謀

24 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 17:42:05.34 ID:xEuQMb2Y0

>>1
まだ根拠もなしにこういうこと言う奴がいるんだな
昔は母原病なんていう言葉がまかり通っていた

25 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 17:43:37.95 ID:ZzG6S+vh0

>>20
俺たちのことか

26 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 17:43:38.23 ID:aXsn5Nne0

>>9
加害者である親と同一化しようとすると
家族的国家マンセー保守になっちゃうよね

27 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 17:44:11.92 ID:OzhYXe650

地縁血縁が弱まって愛情を注ぐのが親だけになってしまってるんだろうな

28 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 17:44:27.57 ID:Al9ocbnH0

愛情より世の中だろ。死ぬまで競争だからな…

29 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 17:44:39.27 ID:rjvXLsDJ0

>>19
ユング派ではない

論文『ロシアにおける家族廃止の試み』ニコラス・S・ティマシエフ(Timasheff)
(N.W.Bell”A Modern Instrucion to the Family”1960 N.Y.Free Prees所収)と、

米国立衛生研究所が研究費用を拠出し、米10都市の乳幼児1,364人の育っていく過程を、
 10年間に亘って追跡調査した結果

もっと、>>18を良く読め
いい加減なこと言うな

.

30 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 17:44:45.44 ID:UfUURk4E0

>>7
母親が鬱、ボダ、神経症(ヒスとか)を患ってると、子育ては厳しい
そういう母親ほど、がんばって子育てしてますアピールはするんだけど、子供が完全に潰れてる
たいてい父親が発達障害(ADHD含む)や浮気性だったりなんらかの問題を抱えてることが多い
結婚前からそういう男だとわかってても、現実を無視して結婚するものだから
結婚後は、八つ当たりしやすい人を見つけてヒス全開
そうなったら、他人は逃げていい、キチガイにヒスられることほど、不快なことはないから
子供は逃げられません 南無阿弥陀仏

なぜか「俺たちの結婚式すげー!」自慢と「結婚式はこうするものだ!」と他人の結婚式にケチつけるのもセット
結婚式がピークのカップルw

33 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 17:47:20.69 ID:pkG6K4yJ0

共働きが増えたからなあ
サザエさんやちびまる子ちゃん
クレヨンしんちゃんなど
愛情ある家庭を描くとしたら
やはり母親が子どもと過ごす時間の多い専業主婦家庭になるわけで

38 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 17:52:45.68 ID:bAjbFuhY0

「皆仲良く楽しい家族」みたいな事が学校やメディアで洗脳レベルで言われるけど
ウチでは違ってだらしなくて仲良くなくて親らしいことをしてくれない親
このギャップがどうしても埋められないから生きづらくなっちゃうんじゃないか?

40 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 17:55:20.41 ID:4ZYEa9YP0

文化人類学も考慮しないと

有名大学出身者でも社会学や文化人類学専攻だと
排除されてるから日本は

欧米とは違う
ここが大前提

43 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 17:55:44.21 ID:z05Vxnrk0

【山本太郎】れいわ新選組56【消費税増税は地獄からの使者】 無印
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/giin/1569859093/

48 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 17:59:09.53 ID:4ZYEa9YP0

日本は人格障害由来が多いと思う
欧米と一緒にはできない
愛情以前にリビドーが育ってないし
過剰にリビドーが強い人もいる

51 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 18:00:21.58 ID:FhqFLKxK0

母親による子へ愛着障害

幼少期に安全地帯の確認出来ず

自己肯定感がないまま成長

10代後半から20代前半に境界性人格障害発症

環境悪化で鬱発症
環境好転で天才現れるが極々まれ

これね

54 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 18:01:41.76 ID:e96jan5r0

メンタル弱々の自分は大人になった今親と接すると、冷静に「こいつ自分以外の人に対しての愛情とかが欠けた人間なんだな」ってのを実感した
子供の頃はずっと理不尽な扱いに泣きながらもどこか信じたい気持ちだったけど

57 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 18:03:18.76 ID:2vkHCTdm0

そりゃ、今の親は携帯ポチポチに夢中で子供なんかそっちのけだからな

69 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 18:11:59.18 ID:GMA9ILsM0

自分は精神を病むなんて有り得ないと思ってたし、実際、どんなつらい目に遭っても余裕だったのに鬱病気味と言われたわ
なんたらって薬を処方されたが、調べたら飲むと元気になるけど依存性があって抜くの大変と書いてあって絶対に飲まんと決めた

97 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 18:29:54.99 ID:l8qaNWVN0

前スレで「ADHDは先天性!育てやすい子は小さい頃から育てやすい!」って言ってる人いたけど
私は逆に小さい頃からいい子で聞き分けがよくて食べ物の好き嫌いもせず言葉を覚えるのも早くて育てやすいって言われてたけど
結局思春期過ぎてから崩壊して色んな症状出まくりでおかしくなって壊れたよ
子供の頃我儘放題だった弟は普通っぽいけど

ADHDって男児に多い多動優勢型のイメージばかりされるけど
ADDと呼ばれていた大人しいタイプの不注意優勢型もあるのを知らないだろうか?
女は私みたいにこれのタイプの人もいると思うんだけどなあ。
ADDだったらわかるの?

106 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 18:37:01.68 ID:TcTQOjqV0

>>88
共稼ぎの子供の方がしっかりしてる
こどおじこどおばや無職引きこもりは専業主婦の家庭で育ってる

188 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 19:15:02.66 ID:ZTHrvmMS0

人とのふれあいかたの基本をここで学ぶ
ところが今の環境だと学ぶどころか逆効果なことばかりやる
これでうまくいくわけない

230 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 19:33:31.69 ID:7gvB02Sb0

>>206
>>210
教えたりしつけたりするがわは大変になっただろうな
周りの目も厳しいだろうしな
まあ怪我させるような暴力は論外だが

子供はちゃんと育ててしっかり話せば誰でも理解してくれて言うことをきく。
と思い込んでる人っているよな

371 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 20:51:04.76 ID:Bz1Mj4hE0

>>367
何を言ってるの?
私は現実に貰った愛情を繋げて
精神疾患から回復したよ!
あと動物からも愛情を貰った
そして他の動物にも恩返しして愛情を注いだら
めちゃ仲良くなれる!

420 :名無しさん@1周年:2019/10/02(水) 21:31:50.04 ID:RYU8JLGW0

>>404
鬱ぎみにも思えるな空虚さ抱えてるような
あとは女性不信とか
子供の頃に強いストレス受けてなかったか?

569 :名無しさん@1周年:2019/10/03(木) 05:16:12.30 ID:7Yw0q/Az0

たっぷり愛されて育ったけど
どっぷり鬱病になったな
親よりも人間関係にやられたわ

617 :名無しさん@1周年:2019/10/03(木) 07:42:11.37 ID:kjLU5FEd0

>>1を見る限り愛情不足というよか
家庭内の不和が原因じゃね
金使いの荒い母親vs愛想つかして他に逃げた父親

夫婦の不仲は子供に悪影響を及ぼすのは前々から言われている

722 :名無しさん@1周年:2019/10/03(木) 10:42:23.45 ID:kjLU5FEd0

>>716
社会性を育むという点では外との接点が必要だけど
男の子の場合は父親も関係してくるからな
親のコミュ障害は子にうつる

889 :名無しさん@1周年:2019/10/03(木) 14:16:01.60 ID:oqOgOGUZ0

>>886
自分も行ってみたい。何県何市なんだか何区なんだか教えて。

900 :名無しさん@1周年:2019/10/03(木) 14:32:34.00 ID:vg+I727H0

>>898
逆に昔の日本みたいに大体みんなが貧しいのはまだいいんだよ
ガチガチに階層ができてるわけでもないから頑張ったらなんとかなる余地もあるし

今の日本みたいに、大体みんな進学できるのに、
一部の恵まれない家庭の子供だけが進学できないみたいなのはよくない

1001件をまとめました。
最新情報はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする